ホームみなと初心者ラグビー教室26年度 みなと初心者ラグビー教室 実施レポート

26年度 みなと初心者ラグビー教室 実施レポート

平成26年度 みなと初心者ラグビー教室 実施レポート

平成261116日(日)港区立港南小学校にて「みなと初心者ラグビー教室」を開催いたしました。この教室は(公財)港区スポーツふれあい文化健康財団主催の「スポーツ教室」の一環とし、初心者の方々を対象に「プレーして・学んで・観て」をテーマとし、グラウンドで実際にラグビーをプレーし歴史やルールを学びラグビー場で観戦をして、ラグビーに興味関心を持っていただくことが目的です。

今回の教室には、(公財)日本ラグビーフットボール協会から石川コーチ、向井コーチをお招きし「実技プログラム」と「講話プログラム」を行いました。

実技プログラム

・コーディネーション運動(タグ取りなど)

参加者が11個ずつラグビーボールを持って、グラウンドを移動しながら準備運動を行いました。ボールを高く投げ上げ、キャッチする前に何回手を叩けるかなど、21組になりコーチの合図でボールの取り合い、タグベルトとタグを付けてからのタグ取りなど色々な活動で身体をほぐしていきました。

ラグビーボールを1人1個もってボールに慣れる運動
自分の身体を上手に動かすコーディネーション運動
二人一組になってコーチの合図でボールの取り合い
グループになってタグ取り

実技プログラム

・ラグビーサーキット

ラグビーに必要な動作「ラン」「パス」「トライ」を体験。相手を交わすステップやハンドダミーへのヒット、そして、パスの要素を含んだラグビーサーキットの最後はトライ(得点)をしてフィニッシュ。何度も挑戦する参加者もいました。

ジグザクステップでコーンをすり抜け!
勢いよくハンドダミー(クッション)にヒット!!
全力疾走!!!
最後は豪快にトライ!!!!

実技プログラム

・タグラグビー体験

ラグビーの基本的な動作を体験した後に、ラグビーのゲーム体験をしてもらうために、タックル/スクラムといったラグビーならではの技術を除いた「タグラグビー」でゲーム体験を行いました。
この「タグラグビー」はタックルで相手を止める代わりに、「タグ」という腰に付けたヒモのようなものを取ることで相手を止めます。ラグビー初心者でも簡単にゲームを楽しむ事ができました。

まずは挨拶
ボールを持ったら前に、前に走る
動きを止めるには腰のタグを取るだけ
スピードにのって走り抜ける

実技プログラム

・ラグビー、スクラム/ラインアウト体験

タグラグビーでゲーム体験をした後に、ラグビーならではのスクラム/ラインアウトの体験をしました。
タグラグビーではボールが外に出たり、反則があったりした場合にはパスをして再開していました。しかし、本来のラグビーでは外にボールが出た場合にはラインアウト。反則があった場合にはスクラムで再開することが多くあります。ラグビーならではの再開方法のスクラム/ラインアウトを初体験した参加者も多く、楽しみながら体験していました。

まずは大人の皆さんで体験
見本をみたあとで子ども達も挑戦
ゆっくりと慎重に体験しました

実技プログラム

まっすぐになって待っているのも大変
しっかりとボールをみてキャッチ
ボールを取る側と投げる側のタイミングを合わせて持ち上げます

実技プログラム

・かんたんラグビーゲーム

ひと通りスクラム/ラインアウト体験をしてもらった後には、タグラグビーにスクラム/ラインアウトを組み合わせた、「かんたんラグビーゲーム」を実施しました。タグを取られたり、コートからでた場合の再開方法を、スクラムやラインアウトとしたゲームを体験しました。ラインアウトで開始するときには持ち上げられるだけでなく、味方めがけてボール投げ入れることにも挑戦している参加者もいました。

タグを取られないように必死で走ります
どこからボールが出てくるか
スクラムの準備万端!!

講話プログラム

・ラグビーってこんなスポーツ、ラグビーの歴史、ラグビーのルール(担当:石川コーチ)

映像を使いながら、ラグビーの魅力や歴史、ルールなどを石川コーチの実体験も含めながらの講話。

講話の中では、次回のオリンピックから7人制ラグビー(セブンズ)が正式種目になる事の説明。そして、実は15人制ラグビーがこれまでのオリンピックで実施された事があるという歴史に参加者は驚いていました。

講話プログラム

・子どもの身体づくりについて(栄養・ケガ予防等)(担当:向井コーチ)

どうしてラグビー選手の身体が大きいのか、どうして大きくなったのか、子どもの頃からどんな運動をしていたのか等、図を使って分かりやすく説明してくれました。

講話プログラム

・ラグビークイズ(石川コーチ/向井コーチ)

教室内で体験した事や学んだ事をしっかりとおさらいするために、実技/講話プログラムを通して体験したことや学んだことからのクイズを行いました。

総括/お礼

この「みなと初心者ラグビー教室」は「プレーして・学んで・観て」をテーマに初心者がラグビーを体験してもらい、プレーや歴史、ルールを学んで、ラグビーの基礎知識をもって、ラグビー場にて観戦してもらうというプログラムです。参加者からは「普段はなかなか出来ない事ができた」「話も楽しく聞けた」など、いつもとは違う体験が出来たことが楽しかったようです。実技プログラムの後には観戦プログラムとして1129日(土)にジャパンラグビー トップリーグ観戦を楽しんでいただき、いっそうラグビーに興味関心を持っていただければと思います。ご参加いただきました皆さま、誠にありがとうございました。

 最後に本教室を実施にするにあたり、主催者 港区スポーツふれあい文化健康財団、会場 提供港区立港南小学校、教室の講師を担当して頂いた石川コーチ、向井コーチ、そして運営にご協力頂きました皆さまのおかげにより実施することができました。深く感謝、御礼申し上げます。

参加者集合写真①
参加者集合写真②
港区スポーツまちづくりプロジェクトは、港区・港区教育委員会・(公財)港区スポーツふれあい文化健康財団より委託を受け、(公財)日本ラグビーフットボール協会が運営しています。
PAGETOP
CONTACT