ホーム港区スポーツまちづくりプロジェクトとは

港区スポーツまちづくりプロジェクトとは

港区・日本ラグビー協会、連携協力に関する基本協定を締結

(公財)日本ラグビーフットボール協会(会長:森 喜朗、東京都港区北青山)は、港区(区長:武井雅昭、東京都港区芝公園)と、連携協力に関する基本協定を締結いたしましたので、ここにご報告させていただきます。
まず、この程、本協定の趣旨・目的にご賛同頂いた武井港区長をはじめ、区民の皆様に御礼申し上げます。
日本ラグビー史において港区と日本ラグビーフットボール協会とのかかわりは古く、日本ラグビーの聖地である秩父宮ラグビー場があるということ、更に日本にラグビーが伝わった当初、慶應義塾大学の近くの麻布の仙台ケ原(現在の南麻布一丁目付近)の野原をグラウンドにして練習していたといわれており、港区は日本ラグビー発祥の地として大変ゆかりのある土地です。昨今では、(公財)港区スポーツふれあい文化健康財団との連携によりラグビーフェスティバルや試合情報の発信等にご協力いただいております。
この度の協定締結により、我々、日本協会は、秩父宮ラグビー場が港区にあるという最大限のアドバンテージを生かし、ラグビーを含めたスポーツ振興に取り組むと共に、「One for All ,All for One」、「No Sideの精神」等のラグビー特有の精神性を通した人間形成を行う教育面でのアプローチにも寄与していく所存です。
地域に根ざした取り組みをベースに、日本ラグビーの素晴らしさを世界に発信してまいります。
日本ラグビーの大いなる可能性を秘めた日本ラグビー協会と港区とのパートナーシップが末永く継続されるよう互いの有効資源を大いに活用しながら連携・協力関係を構築していきたいと考えております。
(公財)日本ラグビーフットボール協会が掲げる「ラグビー競技を誰からも愛され、親しまれ、楽しめる人気の高いスポーツにする」というビジョン実現のため、様々な活動に取り組んでおります。今回の連携協定締結により、ラグビーが開かれたスポーツとして認知され、更なるイメージ向上に繋がるものと感じております。 
連携・協力を誓い固い握手

港区と日本ラグビーフットボール協会との連携協力に関する基本協定に基づく活動案骨子

目的
港区及び財団法人日本ラグビーフットボール協会が、互いに有する資源を活用し、積極的に連携協力することにより、地域社会におけるスポーツの発展及び健全育成に寄与する。

背景及び趣旨
港区が有する
・日本におけるラグビー発祥の地であるという歴史的背景
・日本ラグビーの聖地である「秩父宮ラグビー場」が存在するという立地
・多くのスポーツ活動が盛んな企業が集積すると同時に、多くの大使館が所在し外国人居住 者も数多く在住するという環境

日本ラグビーフットボール協会が有する
「One for All ,All for One」「No Side」など、ラグビーが持つスポーツマンシップの精神
本年6月に行われる20歳以下のラグビー世界選手権(IRBジュニアワールドチャンピオンシップ:以下JWC)が港区にある秩父宮ラグビー場をメイン会場として行われるという機会
「ジャパンラグビー トップリーグ」という、「企業のスポーツ振興への貢献、地域との協働によるスポーツ振興を達成する」ことを目標の一つとする活動

⇒これら双方が持つ資産、強みを融合し、(1)港区における地域スポーツの振興、国際交流の機会の提供、(2)ラグビー及び、ラグビーが持つ価値観の普及を図り、双方にとって価値ある連携を実現する。
(締結年月2009年2月)
港区スポーツまちづくりプロジェクトは、港区・港区教育委員会・(公財)港区スポーツふれあい文化健康財団より委託を受け、(公財)日本ラグビーフットボール協会が運営しています。
PAGETOP
CONTACT