ホーム港区DAY27年度 実施レポート

27年度 実施レポート

27年度 港区DAY実施レポート

平成27年12月26日(土)に秩父宮ラグビー場にて、港区DAYを開催致しました。当日のイベントして、「特別観戦招待」、「スタジアムツアー」、「エスコートキッズ」、「港区長杯贈呈」、「港区スポーツまちづくり事業展示」を行い、第一試合と第二試合の合間に、芝浦地区を中心に活動している「芝浦エンジェルス」による演技と、選手入場の花道を実施しました。
以下に各イベント概要をご報告させていただきます。

【港区民特別招待】

事前応募にて当選された港区在住・在勤・在学者125組247名の方が、港区に本社を置く両チームの戦い「東芝ブレイブルーパスvsサントリーサンゴリアス」を観戦されました。
またこの日は、ジャパントップリーグ史上最多入場者数(25,027人)をを記録した日でもありました。

【スタジアムツアー】

多数の応募の中から当選した42名の方が、普段入ることの出来ない場所を巡るスタジアムツアーに参加してくれました。
今年のツアーガイドは、元日本代表で日本協会強化コーチでもある川合レオ氏にお願いをし、貴賓室やスカイラウンジ、ロッカールームなどを解説や体験談を交えながら廻りました。グランドに入っての記念撮影や、歴代の日本代表ジャージや、各国代表の記念ジャージが飾ってあるクラブハウスでは、参加者のテンションも最高潮でした。

【エスコートキッズ】

港区DAY始まって以来最高の応募数の中から、幸運を手にした46名のキッズ達が、両選手と手を繋いで入場し、満員の観客席を沸かしてくれました。

【チアリーダーによる演技&花道】

港区芝浦にて活動している「芝浦エンジェルス」による、レベルの高いパフォーマンスと、選手入場の際の花道で、会場を大いに盛り上げて下さいました。

【港区長杯贈呈】

27年度の区長杯を手にしたのは、25対14で接戦を勝ち取った東芝ブレイブルーパスでした。
勝利した東芝ブレイブルーパスキャプテンの森田選手へ、港区長 武井 雅昭様より区長杯の贈呈が行われました。

【港区スポーツまちづくり事業展示】

港区が地域社会におけるスポーツの発展および健全育成に寄与することを目的に取り組む「スポーツまちづくりプロジェクト」のスポーツ振興活動や港区タグラグビー教室、みなとスポーツフォーラムの様子等を紹介しました。
港区スポーツまちづくりプロジェクトは、港区・港区教育委員会・(公財)港区スポーツふれあい文化健康財団より委託を受け、(公財)日本ラグビーフットボール協会が運営しています。
PAGETOP
CONTACT