ホーム港区DAY29年度 実施レポート

29年度 実施レポート

29年度 港区DAY 実施レポート

平成29年度8月19日(土)に秩父宮ラグビー場にて、8回目となる「港区DAY」を開催致しました。
当日は、「特別観戦招待」「スタジアムツアー」「花道キッズ」「港区区長杯贈呈」「港区スポーツまちづくりプロジェクト事業展示」を行い、たくさんの在住・在勤の方に楽しんで頂けました。
下記の通り、各イベントレポートをご報告致します。

特別観戦招待

事前応募にてご当選された港区在住・在勤・在学の方々が、港区に本社を置くトップリーグチーム同士の戦い「港区ダービー」を観戦されました。
今年は「東芝ブレイブルーパス vs NECグリーンロケッツ」の戦いでしたが、前半を終了したところで、雷雨による一時中断という、とても珍しい出来事に遭遇しました。
90分という長い中断でしたが、再び試合が始まると、開幕節にふさわしい熱い戦いを見せてくれました。

スタジアムツアー

今年もたくさんの応募を頂いたスタジアムツアーですが、今回は現役トップリーガーに同行して頂き、参加者との質疑応答や記念撮影など、サプライズ企画満載のスタジアムツアーとなりました。
ツアーガイドは、今年も元日本代表の川合レオ氏にお願いし、普段、関係者しか入ることのできない貴賓室やロッカールーム、プレスルームやグランド内を巡り、ガイドの楽しい解説とゲスト選手ならではの話をしていただきました。
ツアーガイドとゲスト選手たち
ロッカールームでの質問タイム
選手目線で観客席を見る
最後はピッチで記念撮影

花道キッズ

今年から「花道キッズ」として、ピッチに出ていく選手たちに花道からエールを送り、港区ダービーに花を添えてくれました。
花道キッズたち
フラッグベアラーの子供たち

港区長杯

29年度の区長杯を手にしたのは、雷雨での一時中断というアクシデントにも見舞われた中、見事、東芝ブレイブルーパスがNECグリーンロケッツを
20対0で下し、プレゼンターの港区スポーツふれあい文化健康財団の野村理事長より、東芝ブレイブルーパスキャプテンのリチャード・カフイ選手に区長杯が手渡されました。

港区スポーツまちづくりプロジェクト事業展示

港区が地域社会におけるスポーツの発展および健全育成に寄与することを目的に取り組む「スポーツまちづくりプロジェクト」のスポーツ振興活動や
港区タグラグビー教室、みなとスポーツフォーラムの様子等を紹介しました。
港区スポーツまちづくりプロジェクトは、港区・港区教育委員会・(公財)港区スポーツふれあい文化健康財団より委託を受け、(公財)日本ラグビーフットボール協会が運営しています。
PAGETOP
CONTACT