ホームみなと初心者ラグビー教室25年度 実施レポート

25年度 実施レポート

平成25年度 みなとラグビー教室

平成251117日(日)、港区立港南小学校にて「みなとラグビー教室」を開催いたしました。この教室は(公財)港区スポーツふれあい文化健康財団主催の「スポーツ教室」の一環とし、初心者の方を対象にラグビーの楽しさや魅力を「プレーして、学んで、観て」という様々な角度から体験し、体を動かすことやラグビーに興味関心を持っていただきたいという意図で実施しました。 

 

今回の教室には、日本ラグビーフットボール協会から石川コーチ・野澤コーチ・最上コーチという3名のコーチをお招きし、「ラグビーのプレー体験」と「ラグビーを学ぼう」という2つのプログラムを行いました。

【体験プログラム】

・準備運動

学校の遊具を利用して、バランスをとったり、ジグザグ走をして体を動かしました。

【体験プログラム】

・初心者タグ遊び&タグラグビーゲーム

ほとんどの参加者がラグビー初体験のため、最初に身体がぶつからないルールでボールの投げ方などを教えてもらいながらタグラグビーゲーム。

【体験プログラム】

・ラグビーサーキット

ラグビーに必要なステップやタックル、パスの要素を含んだサーキットトレーニング。

【体験プログラム】

・スクラム・ラインアウト体験

ラグビーの試合で反則があったときやボールが外に出たときに試合の再開として行われるスクラムとラインアウトを体験。スクラムではお互い組み合って押し合いをし、ラインアウトではコーチに高く持ち上げてもらいボールキャッチ。今までやったことのないことを体験。

【体験プログラム】

・かんたんラグビーゲーム

タグラグビーに、スクラムやラインアウトを組み合わせてのゲーム。実際のラグビーに近づいたものとなり、特にスクラムを組んでみるときには、緊張した子供もいましたが、コーチが優しく指導。

【ラグビーを学ぼうプログラム】

・ラグビーの話(担当:最上コーチ)

ラグビーってこんなスポーツ、 ラグビーの歴史、ラグビーのこれから

ラグビーをしていたことのある有名人を紹介しながら、ラグビーの歴史やオリンピックの正式種目になった7人制ラグビー(セブンス)や2019年に日本で開催されるラグビーW杯について楽しくわかりやすく説明。

最上コーチ

【ラグビーを学ぼうプログラム】

・ラグビーの楽しみ方、魅力(担当:野澤コーチ・石川コーチ)

15人制と7人制の大会映像を見て、それぞれの特徴や違いを説明し、どちらのラグビーが楽しいか、大変かを参加者とコーチが一緒に話し合いながら、最後には、どちらの種目が楽しそうですか?というコーチの問いかけに、「15人制」と言う参加者が多く、コーチから15人制について魅力について説明。

野澤コーチ
石川コーチ

【参加者からの声】

今回のラグビー教室では、参加者からは「ルールがわからなくても楽しめた」「勢いをつけて、クッションに体当たりできて楽しかった」「意外な有名人がラグビーをやっていたことにびっくりした」など、ラグビーの魅力に気づき、興味関心を持っていただくことができました。

また、親子での参加者も多く、お父さんが学生の頃ラグビーをしていて、子供にラグビーの楽しさを伝えたいと参加いただいた方も数組おられました。

最後に、こうしてイベントを事故・怪我なく無事に終了できましたこと、参加者の方々をはじめ関係者の方々に深く御礼申し上げます。ありがとうございました。

お礼

こうしてイベントを事故・怪我なく無事に終了できましたこと、参加者の方々をはじめ関係者の方々に深く御礼申し上げます。ありがとうございました。
港区スポーツまちづくりプロジェクトは、港区・港区教育委員会・(公財)港区スポーツふれあい文化健康財団より委託を受け、(公財)日本ラグビーフットボール協会が運営しています。
PAGETOP
CONTACT