ホームみなと初心者ラグビー教室27年度 実施レポート

27年度 実施レポート

27年度 みなと初心者ラグビー教室 実施レポート

平成27919日(土)港区立青山小学校にて「みなと初心者ラグビー教室」を開催いたしました。
この教室は(公財)港区スポーツふれあい文化健康財団主催の「スポーツ教室」の一環とし、初心者の方々を対象に「プレーして・学んで・観て」をテーマとし、
実技プログラムでは実際にラグビーをプレーし、講話プログラムでは歴史やルールを学び、その後ラグビー場でトッププレーヤーの試合を観戦して、ラグビーに興味関心を持っていただくことが目的です。
 

今回の教室には、(公財)日本ラグビーフットボール協会から川合レオコーチをお招きして行いました。

<講話プログラム>

・ラグビーの簡単なルール説明

・ラグビースピリッツについて

2015ラグビーW杯の見所
 

 

川合コーチお手製のプレゼン資料を元に、子どもから大人まで、そして女性でもすぐに理解できるルール説明や、ルール以外でラグビーをプレーする上で大切な心構えなど、ラグビー経験者が聞いても、とてもためになるお話をして頂きました。

W杯の見所では、過去大会の歴史や日本代表の今までの歩みを説明して頂き、今大会をより楽しく観れるような小ネタ混じりの楽しい講話となりました。

<実技プログラム>

・ウォーミングアップ

・パスゲーム

・キックゲーム

・コンタクトヒットチャレンジ

・タックルゲートランニング

・ステップゲーム
 

 

実技プログラムは、ボールを使ったゲーム方式のウォーミングアップから始まり、大人と子どもがペアとなり、パスやキックのリレーでラグビーボールに慣れてもらいました。
続いてのメニューでは、コンタクトプレーの体験を実際に練習などで使用するクッション性の道具を使い、川合コーチの模範プレーを見てから、参加者にボールを持って敵に当たるプレーや、敵の進行を防ぐタックルプレーの体験をして頂いた。

最後は、ランニングプレーからのトライをイメージしたゲームで終了した。

総括/御礼

この企画は「学ぶ・体験・観戦」をコンセプトに、初心者がラグビーの歴史やルールを学び、実際にラグビーボールに触れ、その知識や体験をもって、実際にラグビー場で観戦してもらうことで、よりラグビーに興味関心を持っていたいという想いのもと、実施させて頂きました。

参加して頂いた方からは、「親子で楽しめ、とても良い経験が出来ました」「とても楽しかった」など、たくさんのご意見を頂けました。

これを機に、未来の日本代表選手が港区から誕生することを心待ちしております。
 

 

最後に、本教室を実施するにあたり、主催者の港区スポーツふれあい文化健康財団、会場を提供して頂きました港区立青山小学校、講師を担当して頂きました川合コーチ、運営にご協力頂きました皆様のおかげで、大きな事故もなく無事実施することができましたことに、深く感謝、御礼を申し上げます。

港区スポーツまちづくりプロジェクトは、港区・港区教育委員会・(公財)港区スポーツふれあい文化健康財団より委託を受け、(公財)日本ラグビーフットボール協会が運営しています。
PAGETOP
CONTACT